262の法則と人間関係

 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうもたくみです。

 

今回は人間関係の悩みについてです。

この人間関係でもビジネスにおいてもそうなのですが、

262の法則というものを知ることで、

気持ちが楽になったり良質な人間関係の構築をできる

と言った内容を動画で解説していきたいと思います。

 

動画の内容は

 

262の法則とは

 

262の法則とは、どんな集団作り・組織作りを心掛けても、結局は…

・2割が優秀な人

・6割が普通の人

・2割が粗悪な人

という集団という割合になるよってことです。

 

それと同じような法則として有名なのがパレートの法則というものがあります。

パレートの法則については詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

パレート(2:8)の法則とは?知っておきたいビジネス法則!

パレートの法則とは

 

  • パレートの法則とは、2割の要素が、全体の8割に関与しているという法則。

 

結局組織は2割の人が8割を生みだす

 

  • 2割の優秀な社員が、全体の利益の8割を生んでいる
  • 商品の売上の8割は、約2割のラインナップで生み出している
  • サイトのPV(ページビュー)の8割は、2割の記事でまかなわれている

 

なぜ、262の法則が生まれるのか?

 

理由:組織の人間に明確な優劣を付けることができるから

 

  • 262で会社が回るぐらいにしておくのが、組織の余裕ある運営状況だと見なすことができる。

 

262の法則と人間関係

 

1:あなたを変えてくれるのは2割のキーパーソンである

 

  • 自分の人生を引き上げてくれるのは、出会った人数の2割のキーパーソンといわれる。

 

2:2割のキーパーソンが人脈を大きく広げる

 

  • 2割のキーパーパーソンが自然に紹介したりといった具合のきっかけになっている。

 

 

3:自分の悪影響を2割の人が作っている

 

  • 最もネガティブな影響を与えるであろう少数の人との絡みを遠ざけると良い。
  • 自分に分の悪い影響を作る2割の人に対する上手な回避方法を用意しておくとで、2割の人から受ける悪影響をより小さくし、2割の人から得られる好影響を引き上げることができる。

 

4:周囲を尊重しながらも個性は小出しに明示するべき

 

  • 周囲を否定せずに尊重しながらも、自分の個性は小出しに明るみにする
  • 周囲を尊重しながら、個性を小出しするという具合が丁度良い。

 

5:ぼくたちは相手の2割しか見ていないと認知する

  • 相手のいいところを2割だけを見ていると思うぐらいでいい。
  • 相手のポジティブな側面は全面に肯定してあげればいい。

 

 

最後に:多くの人間関係を262で切り取って、上手に生かしていく

 

絶対的な法則とは言い難いが、意識すれば様々なことが見えてくる

  • 対人関係の物事を考える一つの物差しとして非常に有益な使い方ができる。
  • 結局は「表層に捉われるな」「それがすべてでない」

 

 

ぜひ、今回の動画の内容を元に人間関係の参考にしてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 元清掃員が情報発信して自由に稼ぐblog , 2021 All Rights Reserved.