フェイスブック広告を運用するなら必ず知っておくべき用語

 
この記事を書いている人 - WRITER -

フェイスブック広告を運用するために最低限知っておくべき用語を書いておきます。

 

Facebook広告用語

インプレッション

広告表示回数 一人が二回見てもインプレッションは2

 

リーチ

広告が表示された人数 一人が二回見てもリーチは1

 

フリークエンシー

広告が一人に表示された頻度 一人に何度も広告を見せることが大事なので2程度までは許容できる(2−3以上になると同じ人にばかり広告が表示されているので改善が必要)

 

CPM(コストパーミル)

広告の配信費用 広告が1000回表示されるにつきかかる費用(相場*1000回につき数百円から数千円)

 

CPC(コストパークリック)

広告のクリック単価 広告が一回クリックされるにつきかかる費用(相場*数十円から数百円程度)

*フェイスブックは基本的にインプレッション課金 Googleはクリック課金

 

CTR(クリックスルーレート)

広告のクリック率 広告を見た人のうち何人がクリックしたか?の確率(相場:1%以上なら優秀)

 

CVR(コンバージョンレート)

LPの成約率 サイトに訪れた人のうちなん%の人がこちらの意図した行動を完了したか?(相場:無料登録LPであれば30−40%が理想 有料の場合は数%)

 

CPA(コストパーアクション、アクイジション)

顧客獲得単価 1名の見込み客または顧客を獲得するのにかかった金額(相場は業界やオファー内容によって異なる)

 

フェイスブック広告を出稿して見込み客を獲得していこうと思った場合、必要最低限おべえておくべき用語と、改善すべきデータをあげておきました。

この記事は僕の学んだことのアウトプットでもあります。

 

これらのデータを見て広告運用をやっていきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元清掃員が情報発信して自由に稼ぐblog , 2021 All Rights Reserved.